HOME
EcologyNKK Lab Report

On April 24th
Activity at Hiroshima Prefectural Central Park

Takuya Shimada

★My impression
greengreengreengreengreenIn this lecture, Professor Nakagoshi talked about the importance of biodiversity conservation in the Chugoku region based on several concrete research results, therefore I think all the participants including citizens were able to understand the content easily. Such an open-type lecture must be very important for creating a more ecological society in the near future, because people will be more and more interested in the biodiversity conservation.

 

greengreengreengreengreenI went to Hiroshima Prefecture Central Forest Park to participate in the open Lecture on Forest event. Professor Nakagoshi lecture titled "Biodiversity maintenance activity". The attendees in total 40 participated consisted of 17landscape ecology students and 23 members of public.
greengreengreengreengreenThe lecture’s subject was on national biodiversity strategy. From the Rio de Janeiro Earth Convention was adopted in 1992, then national biodiversity strategy was formulated, and proposals for how to overcoming the biodiversity crisis. The first is the proposal to protect biodiversity from development, and second is conservation of abandoned Satoyama, the third is to establish a good ecosystem with exotic species. Landscape preservation will lead to biodiversity conservation in the Chugoku region. The Satoyama initiative was adopted in COP10 (Conference of the Parties) held in Nagoya in 2010. The Satoyama concept promotes 2 important aspects “Symbiosis in nature" and "Sustainable use of natural resource".
greengreengreengreengreenNext, Professor Nakagoshi lectured about terrestrial ecosystems and biodiversity in the Chugoku region. Hiroshima Prefecture still has rare species in a few primary forests and secondary forests. However, many species become extinct due to abandonment of Satoyama in recent years. Therefore the establishment of a management is necessary for aforestation.
greengreengreengreengreenNext the attempt of biodiversity in Satoyama was mentioned conservation. In Japan the international environmental policy consists of “a recycling society established, global warming prevention construction of low carbon society" and "Conservation of biodiversity and sustainable use". However Satoyama is largely abandoned due to the lack of economic benefits. Regarding to the management of Satoyama, I would like to introduce what Professor Nakagoshi is doing in Higashi Hiroshima city. First, he examines how much wood biomass in Mt. Namitaki is possible to use it as fuel. Second, he used wood biomass from Satoyama management in Mt. Ryuou Higashi Hiroshima Ikoino Mori Park to purify river water, to produce charcoal and organic fertilizer for Sake rice. Both of these efforts relate to the creation of a circulating society and the establishment of a low carbon society.
greengreengreengreengreenThe last content is biodiversity conservation activity to conserve terrestrial ecosystems and biodiversity in the Chugoku region, we have to protect high quality natural ecosystem and promote the sustainable use of Satoyama natural resource and utilize new natural resources to coexist to nature.
greengreengreengreengreenCOP10 has introduced some NPO (Not-for-Profit Organization)/NGO (Non-Governmental Organizations)’s activities of Chugoku region. In the future, forest volunteers and CSR activities of private companies will be important in the conservation of biodiversity.
greengreengreengreengreenIn the afternoon, we observed Iris rossii in Hiroshima Prefecture Central Forest Park. The grand of Iris rossii habitat is limited, so it is designated as a natural monument in Japan. 200 Iris rossii clones were planted in this park and bloom from the end of April or the beginning of May. Iris rossii is investigated by lab students every May and we have found the number is decreasing year by year.


Iris rossii blooming at the Central Park

greengreengreengreengreenThere are five plots of Iris rossii, and we were split into 3 groups on that day. Professor Nakagoshi observed with the public. I, Mr. Masuda and Mr. Horii observed with landscape ecology students. We could find only 1 plot of Iris rossii blooming due to this spring low temperature of this year. That plot locates in an open area, which received enough sunlight therefore Iris rossii could bloom earlier.

Ecology日本語版 (Japanese Translation)

4月24日 景観生態学講義レポート
M114304 島田拓也

 景観生態学講義のあとに計画されていた現地視察手伝いとして広島県中央森林公園に行った。午前中は第一回森の公開講座「生物多様性保全活動について」という題で中越先生が講演を行った。参加者は一般の方が23人、景観生態学の受講者が17人、合計40人であった。
講演の内容を簡単に記す。講演はまず生物多様性国家戦略について話された。環境省は5年ごとに自然環境調査を行い、その中の植生自然度地図は自然の分布、変遷を知る上で大変役に立っている。1992年に行われたリオ地球サミットを受けて、日本でも生物多様性国家戦略を立て、生物多様性の危機克服の提案がなされている。第一に希少生物の開発からの保護、第二に里地里山の管理放棄対策による生物相の保全、第三に外来種の排除による生態系の健全化が挙げられている。中国地方では景観保全が生物多様性保全につながっていくだろう。また2010年に名古屋で開催されたCOP10はSATOYAMAイニシアティブが採択され我が国の里山概念を応用し、「自然との共生」、「自然資源の持続可能な利用」を行動理念としている。
次に中国地方の陸域生態系と生物多様性について話された。広島県には原生的自然は面積は少ないものの未だ残っており、二次的自然域においても希少種や注目種が残っている。しかし近年里山の管理放棄に伴い里山特有の植物相の貧化が起こっている。そのために例えば植林においても管理体制を確立させることが必須になってくる。
 次に里山の生物多様性を保全する試みについて話された。現在の日本の国際環境政策は「循環型社会の構築や地球温暖化防止、低炭素社会の構築」と「生物多様性の保全と持続可能な利用」の二つで成り立っている。先に述べたように里山の生物多様性の保全には管理が不可欠だが、現在里山は経済的価値が見出されていないために、管理放棄されている状況下にある。そこで里山整備のために中越先生が東広島市で取り組んでいる二つの事例について講義した。並滝寺山では里山整備によって得られる木質バイオマスがどれくらい燃料として活用できるのかを検討した。二つ目は龍王山の東広島憩いの森で整備によって発生した植物バイオマスで河川水を浄化、木炭の生産や酒米栽培のための有機肥料の生産を行った。このような里山林の整備は循環型社会、低炭素社会の構築に大いに寄与する。
 最後に展望として地域の生物多様性保全活動について話された。中国地方の陸上生態系とその生物多様性の保全には先に述べたように、自然度の高い生態系の保護、里山里地の生態系の持続可能な利用と、植生残渣を新たな資源として自然との共存を図ることである。中国地方の生物多様性の保全や資源利用についてのNPO/NGOの取り組みについてはCOP10でも紹介されている。今後は森林ボランティア、企業のCSR活動によって生物多様性保全活動に参加していってもらいたい。
午後は一般の参加者、景観生態学受講者と中央森林公園内のエヒメアヤメの観察を行った。エヒメアヤメは生育地が限られており、個体数も少ないことから生育地は国指定の天然記念物に指定されている。中央森林公園には200個のクローンが植えられており、年々その数は減少しているものの4月末から5月にかけて紫色の特徴的な花を咲かす。個体数は毎年5月に調査されている。
 今回は5か所あるエヒメアヤメが植えられているプロットから一般の参加者を中越先生が、景観生態学受講者を班分けして私と4年生の堀井君、枡田君が引率し観察を行った。この春の低温傾向のためかエヒメアヤメが確認できたプロットは一つだけであった。早期開花の理由はこのプロットの高木層被覆が低く日当たりが良いためであると考えられた。


生育が確認されたエヒメアヤメの開花個体

感想
 今回の講演では中越先生は具体的な事例をもとに中国地方の生物多様性保全について話されていたので一般の参加者も分かりやすい内容であったと思う。このような公開講座が行われ、地域住民が生物多様性保全に興味を持つことがこれからの社会では重要である。

EcologyHOME