HOME

PublicationNKK Lab-Research Introduction

The Effects of Forest Management as CSR activity on Ecosystem


Eri Sakaguchi

Introduction
The area of the country of Japan is 37.79 million ha, and the forest area is 25.12 million ha. Therefore, about 66% of the country in Japan is forest.
The forest provides various things such as a habitat and food for all living creatures. However, human activities depleted the forest, and deprived a lot of habitat and food.
Appropriate forest management is necessary to prevent such destruction and to maintain biodiversity.
Now, many companies perform the CSR activities for the conservation of the environment. Some companies are engaged in the forest management as a CSR.

Why is CSR a current topic?
CSR (Corporate Social Responsibility) aims to return profits that are produced from undertaking activities.
The Forest management needs a lot of labor and costs. Thus companies want to avoid wasting both for CSR activities.

Objective
What influence does the forestry management as CSR give to the species composition?
What is the best cost and labor effective forest management?

Methodology
Study Site    : Higashi-hiroshima city, Central Forest Park (Mihara city)
Data Collection: Literature, Vegetation survey, Litter Bag, GPS data, etc…

研究題目「企業のCSR活動としての森林管理が生態系に与える影響」
M114344 阪口 恵理

背景
日本の国土面積は3779万haであり、日本の森林面積は2512万haである。つまり、日本国土面積の約66%が森林である。森林は全ての生命に棲家や食料など、様々なものを与えてくれる。しかし、人間活動によって森林が破壊され、多くの生き物から棲家や食べ物を奪ってきた。そのような破壊的な開発を防ぎ、生物の多様性を維持していくためには適切な森林管理が必要である。
現在、多くの企業がCSR活動(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibilityとして環境保全活動に従事している。そしてその活動の一環として、森林管理を行っている企業もある。

なぜCSR活動に着目したのか。
CSR活動とは企業の企業活動によって得られた利益を社会へ還元するというものである。しかし、森林管理を行うには多くの労力と費用がかかる。CSR活動として森林管理を行うためには、その労力と費用の浪費をいかに防ぐかが問題となる。

目的
本研究では企業のCSR活動としての森林管理がその森林の種組成にどのような影響を与えるのかを明らかにすること。そして低コストで有効的な森林管理法の検討を行うことを目的とした。

方法
調査地として、広島県東広島市(龍王山憩いの森公園、八本松・吉川地区)及び広島県中央森林公園(広島県三原市)を対象とする。これらの地域の林内において、植生調査、リターバック法等による群落構成やリター分解速度の比較等を行い、森林管理による生態系への影響を機能についてはリター分解の違いで、生物多様性については林床の植物の種組成で検討する。また、これらの結果を踏まえ、低コストで有効的な森林管理法の検討を行う。

Publication HOME