HOME

PublicationNKK Lab-Research Introduction

The revision of Hiroshima city greenery master plan:
An estimate of its influence on structure and function of urban green space.


Satoki Hayashi


Keyword: Greenery master plan, Urban green space, Urban heat island, GIS, Hiroshima city
・Greenery master plan: Master plan that a municipality sets out the image, aims and measures for conservation of green space and promotion of green area. The master plan is based on the opinions of residents and  it is published as the Article 4 of the Urban Green Space Law.

Background: ・In recent years, global warming and the heat island phenomenon are hot issues. There are various renewable energy and energy saving means to achieve the low carbon society. Land management is one of them. Hiroshima greenery master plan published in 2001 is under review now (2011).

Precedence research:

1. 52.6% of the urban green space are parks in urban green space delta zone in Hiroshima delta(Moriguchi2000).
2. Te
mperatures are lower near green space and riverside in Hiroshima(Kiyota2007).

Objective: Analyze from both park vegetation survey and GIS data in Hiroshima city. Estimate the future by comparing the new data and past data (Moriguchi 2000, Nakagoshi 2006).

Study site:
・Hiroshima prefecture Hiroshima city. Area is designated as urban green space delta zone by greenery master plans in Hiroshima city.

Methodology:
・Vegetation survey at the same parks(197points) in reference to paper (Nakagoshi 2006).
・Investigate tree species and diameter at breast height(DBH), more than 1.3m height.
・Analysis of heat island by using GIS remote sensing by the river on the delta area.

References:
・KIYOTA T et al(2006)The study on countermeasures against the heat island phenomenon in the urban area.J.Environ.Eng;AIJ,No 602,69-75
・MORIGUCHI T(2000) Evaluation on the existence style of urban green area and the environmental richness. Unpublished Master’s thesis in Hiroshima University (in Japanese)
・NAKAGOSHI N(2006)Recovery of greenery resources in Hiroshima City after WWⅡ. Landscape Ecol Eng2:111-118

広島市緑の基本計画の更新が都市緑地の構造と機能に与える影響の推定
林 里樹

キーワード:緑の基本計画、都市緑地、ヒートアイランド現象、GIS、広島市

緑の基本計画とは市町村が、緑地の保全や緑化の推進に関して、その将来像、目標、施策などを定める基本計画のことである。市町村が住民の意見を反映して策定し、公表される。(都市緑地法第4条)

背景:近年、地球温暖化やヒートアイランド現象が問題視されている。低炭素社会を実現するために再生可能エネルギーや省エネなど様々な対策がある。そのうちの一つに土地管理がある。広島市では2001年に緑の基本計画が策定され、今回(2011年)改正された。

先行研究:広島市デルタ市街地ゾーンの都市緑地の52.6%が公園(森口2000)。緑地や河川付近では気温が下がる。(清田2006)

目的:広島市中心部の公園の植生調査と地理情報システムの二つの角度から分析し緑の基本計画の見直しが都市緑地の構造と機能にどのように影響を与えるのかを明らかにする。過去のデータと今回のデータを比較し今後の推定を行う。

調査地:広島県広島市。緑の基本計画でデルタ市街地緑地ゾーンに区分されているエリア

研究方法:中越(2006)の論文を参考に同じ都市公園(197か所)の植生調査を行う。樹高1.3m以上の樹木の種類、胸高直径を調査。

リモートセンシングと地理情報システム技術を利用し、デルタ地帯の土地利用変化と川によるヒートアイランド抑制について時空間的に分析する。

参考文献:
森口俊宏、2000:都市緑地の存在様式とその環境財としての評価. 広島大学大学院国際協力研究科修士論文

清田忠治(2006)都市域におけるヒートアイランド現象の緩和対策に関する研究。日本建築学会環境系論文集602:69-75

中越信和(2006)第二次世界大戦後の広島市緑地資源の回復. Landscape Ecol. Eng2:111-118
Publication HOME