HOME

PublicationNKK Lab-Research Introduction

Ecological assessment on green space
in Seifuushinto, Hiroshima


Takuya SHIMADA

・Background
The green space in urban cities has some functions, these include conservation biodiversity, landscape conservation, carbon dioxide fixation, mitigation of heat island phenomenon. In this research I chose Seifuushinto in Hiroshima city as a research site because it is a model of greenery policy.

・Objective
In order to increase resident participation which is a recent trend, it is necessary to educate residents so that the environmental law will be applied to various developments. The green space in urban cities has some environmental function. Now few papers have included landscape assessment. So this research focuses on biodiversity conservation and landscape, carbon dioxide fixation to assess urban green spaces.

・Methods
①The structure of green space, analysis of biodiversity index
・Research green space type (natural green space, semi-natural, artificial)
・Use bio-indicator to assess green spaces
・Actual vegetation, structure, group
→Analyze biodiversity index and mapping in *1GIS

②Carbon dioxide fixation function
・Measure tree height, diameter at the breast height to calculate carbon dioxide fixation for one year. Record the number of individual trees and their position.
・Use GIS(Geographic Information System)and remote sensing data to estimate carbon dioxide fixation per coverage of trees.

③Questionnaire survey of value in Seifuushinto
・Economic assessment
・Ecological service assessment
・Psychological effects assessment

*1:A geographic information system (GIS) integrates hardware, software, and data for capturing, managing, analyzing, and displaying all forms of geographically referenced information.
*2:Remote sensing is the acquisition of information about an object or phenomenon, without making physical contact with the object by using aerial sensor technologies.
*3:Humankind benefits from a multitude of resources and processes that are supplied by natural ecosystems.

広島県西風新都の緑地に関する生態学的評価
M114304 島田拓也

・背景
都市緑地の効果として、景観保全、生物多様性保全、ヒートアイランド現象の緩和、二酸化炭素固定が期待されている。本研究では近年広島市の政策を取り入れそのモデルとされている広島市西風新都を調査地とし、都市緑地の生態学的評価を行う。

・目的
近年増加している住民参加型の開発においては、各種開発が環境に及ぼす影響とこれに伴う環境関連施策の効果を、地域に対して提示する必要性が生じている。緑地が様々な環境機能を有することは知られている。しかしこれまでそのような事例が景観生態学を用いて評価された論文は少ない。今研究では景観保全、生物多様性保全、植生による二酸化炭素固定に焦点を当て都市緑地の機能を評価する事を目的とした。

・方法
①緑地の階層構造、種多様度の評価
・緑地の種類の調査(自然緑地、半自然緑地、人為緑地)
・生物指標を用いた緑地の評価
・植生調査による現存植生、階層構造、群落の調査
②緑地の二酸化炭素固定機能
・樹木ごとの樹高、胸高直径から乾燥重量を計算し、被覆面積当たりの年間のCO2固定量を算出する。同時に調査対象地の樹木本数を調査する。
・樹冠被覆面積を算出する際にGIS、*2リモートセンシングデータを利用する。
③現地における価値評価に関するアンケート調査
・経済評価
・*3生態系サービス評価
・住民への心理的効果

*1:地理情報システム(GIS:Geographic Information System)は、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である。
*2:リモートセンシングとは人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測する技術である。
*3:生態系サービスとは、生物・生態系に由来し、人類の利益になる機能(サービス)のことである。

Publication HOME